公益信託 サントリー世界愛鳥基金
文字サイズ変更
検索
助成プロジェクト
TOP > 助成プロジェクト:2017年度助成プロジェクト
2017年度助成プロジェクト
「鳥類保護団体への活動助成」部門(12件、1,970万円)
団体名 対象活動 助成額
NPO法人
バードリサーチ
全国鳥類繁殖分布調査で日本の鳥の今を明らかにする 300万円
(公社)
日本動物園水族館協会
神の鳥「雷鳥」を次世代に引き継ぐために
~ニホンライチョウの域外保全に向けた飼育繁殖技術の確立~
300万円
コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル コウノトリの域外及び域内の個体群の保全に関する活動について 200万円
日本雁を保護する会 蘇ったシジュウカラガン、その未来のために 200万円
(公財)
日本自然保護協会
イヌワシの生息環境を向上するための狩場創出と人材育成 200万円
(公財)
山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全 200万円
アジア猛禽類ネットワーク フィリピンにおけるサシバの密猟根絶と保全対策の推進 170万円
NPO法人
オオタカ保護基金
山地に生息するサシバの生態解明と保護のための基礎資料収集 100万円
(公財)
しまね自然と環境財団
稀少種亜種アカショウビンおよびクロツグミの越冬地解明調査 100万円
北海道海鳥保全研究会バイオロギングによるウトウの礼文島 個体群の採餌海域の解明 70万円
水鳥研究会アジサシ類の放棄卵の人工孵化から 放鳥までのシステムの開発 70万円
NPO法人
シマフクロウ・エイド
シマフクロウの未来のために、移動分散後の生息可能地の選定調査と環境整備 60万円
NPO法人 バードリサーチ
全国鳥類繁殖分布調査で日本の鳥の今を明らかにする
全国鳥類繁殖分布調査マーク
現地調査中の調査者(左)と全国鳥類繁殖分布調査マーク(右)
現地調査中の調査者

全国の野鳥観察者や研究者が協力のもと、2020年までに全国の鳥の繁殖状況を明らかにする調査を開始しました。これまでに、大型の魚食性の鳥の分布が拡大していることや激減していた夏鳥に復活の兆しがあることがみえてきました。2年目である2017年はさらに情報を蓄積し、詳細な変化を明らかにすることで、彼らの保護に役立てていきたいと思います。調査への参加も大歓迎です。

■活動地:全国
■助成額:300万円

(公社)日本動物園水族館協会
神の鳥「雷鳥」を次世代に引き継ぐために
~ニホンライチョウの域外保全に向けた飼育繁殖技術の確立~
飼育観察
冬羽になったニホンライチョウ♂(左)と飼育観察(右)
冬羽になったニホンライチョウ♂

環境省の保護増殖事業計画に基づいて、2015年度よりライチョウの生息域外保全に取り組んでいます。2016年度は乗鞍岳(長野、岐阜)で採集された12卵からオス8羽メス4羽の孵化・育雛に成功し、着実に飼育技術が蓄積されつつあります。2017年度には飼育下繁殖にも取り組み、飼育の安定化とともに、引き続き飼育繁殖技術の確立を目指します。

■活動地:ライチョウ域外保全プロジェクトチーム参加園館
■助成額:300万円

コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル
コウノトリの域外及び域内の個体群の保全に関する活動について
野外生まれのコウノトリへの脚環の装着
野外生まれのコウノトリへの脚環の装着

2005年に野生復帰を果たしたコウノトリ。2013年に設立された当団体は、野外と飼育施設が連携した保全活動を進めています。例えば、野外で生まれた鳥への脚環装着や血縁関係に配慮した繁殖計画を策定しています。2016年12月には、野生復帰事業が始まった韓国から研究者を招聘して国際シンポジウムを開催するなど、海外との連携も深めています。2017年は継続取り組みの他にも、飼育施設間の移動等を実施したいと考えています。

■活動地:全国
■助成額:200万円

日本雁を保護する会
蘇ったシジュウカラガン、その未来のために
「シジュウカラガンの舞う空を再び!」募金キャンペーン活動
「シジュウカラガンの舞う空を再び!」募金キャンペーン活動

30年以上に及ぶ羽数回復事業で、2,000羽を越えるようになりました。希少種シジュウカラガンを再び絶滅に追いやらないために、これまでの活動成果をまとめた書籍(2016年度助成金で作成)と、新たに作成するポスター、イベント用ツールを活用し、ガンたちの飛来時期に各地でシジュウカラガンの集いを開催し、その啓発普及に努めます。

■活動地:全国
■助成額:200万円

(公財)日本自然保護協会
イヌワシの生息環境を向上するための狩場創出と人材育成
地元小学生を対象としたイヌワシ観察会
赤谷の森で7年ぶりに巣立ったイヌワシ幼鳥(左)と、地元小学生を対象としたイヌワシ観察会(右)
赤谷の森で7年ぶりに巣立ったイヌワシ幼鳥

日本自然保護協会は日本の自然を守る取り組みを続けてきた自然保護NGOです。日本の森の豊かさを象徴する野生動物であるイヌワシが、今、絶滅の危機に瀕しています。そのため、森の中に増やしすぎたスギ人工林を伐採して、イヌワシが獲物をとる狩場を創出する試験を始めました。2015年9月に創出した狩場では、イヌワシが獲物を探す行動が見られています。2017年9月には2回目の狩場創出を進めます。

■活動地:群馬県
■助成額:200万円

(公財)山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全
かつて4,000番(つがい)ものベニアジサシが繁殖した頃の様子(渡嘉敷村慶伊瀬島、1989年7月)
かつて4,000番(つがい)ものベニアジサシが繁殖した頃の様子(渡嘉敷村慶伊瀬島、1989年7月)

琉球諸島のベニアジサシやエリグロアジサシの繁殖数は、近年減少傾向にあります。特に渡嘉敷村慶伊瀬島では4,000を超えるベニアジサシの巣がありましたが、2000年以降は最大でも 1,200巣に留まっており、全く営巣が見られない年もあります。減少の原因を調べるとともに、ジオロケーターなどを装着することで、次年度以降に越冬地の解明を目指します。

■活動地:沖縄県
■助成額:200万円

アジア猛禽類ネットワーク
フィリピンにおけるサシバの密猟根絶と保全対策の推進
密猟集落にある小学校でのサシバ保護啓発活動
密猟集落にある小学校でのサシバ保護啓発活動

フィリピン・ルソン島北部におけるサシバの密猟を根絶するためのプロジェクトを継続的に実施しています。2016年には、地元大学生による密猟監視と渡りのモニタリング調査をし、それを基に、2017年には地元政府・警察・大学・関係機関と共に密猟根絶を目指し、住民への自然環境保護の普及啓発、RaptorWatch Festivalの開催およびサシバを地域資源としたエコツアーの実現を積極的に進めます。

■活動地:フィリピン
■助成額:170万円

NPO法人 オオタカ保護基金
山地に生息するサシバの生態解明と保護のための基礎資料収集
山地サシバ分布調査
ヘビを運搬してきたサシバ♂(左)と山地サシバ分布調査(右)
ヘビを運搬してきたサシバ♂

サシバは水田のほとんどない山地でも生息が確認されていることから、2016年度より石川県南部の山地において繁殖状況、餌動物についての調査を開始しました。その結果、繁殖成功率は92.9%と他地域と比べて高く、巣に運ばれる餌動物は両性爬虫類やムカデ類が多く、一方で関東地方では多く運搬される昆虫類は少ないことがわかってきました。山地サシバの特徴を把握するために、2017年度も繁殖生態調査を継続していきます。

■活動地:石川県・栃木県
■助成額:100万円

(公財)しまね自然と環境財団
稀少種亜種アカショウビンおよびクロツグミの越冬地解明調査
小型GPSロガーを装着したアカショウビン
小型GPSロガーを装着したアカショウビン

森林の中で美しいさえずりを響かせる夏鳥のアカショウビンやクロツグミですが、詳細な越冬地や渡りルートは知られていません。これらの解明をめざして、ジオロケータの装着を行ってきたものの、森林性鳥類のためデータの解析が難航していました。そこで、2016年度に当基金の支援を受けて5個の小型GPSロガーを装着して放鳥しました。2017年度は、さらなる装着と回収を行い、データの精度を高めていきます。

■活動地:島根県
■助成額:100万円

北海道海鳥保全研究会
バイオロギングによるウトウの礼文島個体群の採餌海域の解明
礼文島スコトン岬よりトド島の海鳥を観察
ウトウの雛(左)と礼文島スコトン岬よりトド島の海鳥を観察(右)
ウトウの雛

私たちは北海道の海鳥繁殖地の保全のために、実態が知られていない繁殖地で海鳥の生息状況を明らかにしています。2016年は礼文島・トド島でケイマフリ、ウミガラスの生息状況とウトウヒナの生育状況や餌状況を明らかにしました。2017年は餌の調査に加えて、ウトウにジオロガーを装着し、餌場海域を調べることにより、隣接する天売島でウトウの繁殖成績が悪い理由を明らかにします。

■活動地:北海道
■助成額:70万円

水鳥研究会
アジサシ類の放棄卵の人工孵化から放鳥までのシステムの開発
コアジサシの保護についての啓蒙活動
コアジサシの保護についての啓蒙活動

水鳥研究会では、コアジサシの生態調査活動・保護活動・啓蒙活動を中心に行っています。2017年度はアジサシ類の卵や雛を捕食者から守るだけでなく、水没等により放棄された卵を人工孵化・育雛し自然に戻すといった積極的な保護飼育技術の確立を、動物園等との連携によって図ることを目指しています。

■活動地:東京湾及び九十九里浜から鹿島灘を主として全国
■助成額:70万円

NPO法人 シマフクロウ・エイド
シマフクロウの未来のために、移動分散後の生息可能地の選定調査と環境整備
生息調査
長年観察を続けるシマフクロウのつがい(左)と生息調査(右)
長年観察を続けるシマフクロウのつがい

私たちは関係地域の意識向上を高め、地域の環境保全を視野に入れたシマフクロウの保護保全の構築を目指しています。近年、生息地間が分断傾向のため移動分散途中の交通事故等が後を絶たず、保護対策が急務となっています。2017年は生息情報がある近隣地域で生息可能地の選定調査、及び必要に応じて住民等協働で環境整備を実施し、若鳥の定着を促進していきます。

■活動地:北海道
■助成額:60万円

「地域愛鳥活動助成」部門(8件、160万円)
申請グループ名 所在地 「テーマ」又は「活動概要」及び「活動目的」 助成額
(一社)くりはらツーリズムネットワーク 宮城県 伊豆沼・内沼に飛来するマガン等の渡り鳥の観察会 20万円
南三陸町立名足小学校愛鳥モデル校推進プロジェクトチーム 宮城県 愛鳥モデル校推進プロジェクト~震災から復興している名足地区の自然と野鳥を見守り、自然を愛する心を育てる活動~ 20万円
高岡市立志貴野中学校自然科学部 富山県 高岡古城公園をフィールドとした、自然環境調査と身近な自然を多くの人に知ってもらうジュニア・ネイチャーガイド活動 20万円
石川県立津幡高等学校朱鷺サポート隊 石川県 トキ・コウノトリを通じた生物多様性の普及・啓発活動 ~トキと人とが共に暮らせる里山の再生をめざして~ 20万円
印西市立本埜第二小学校児童会本埜白鳥を守る会 千葉県 白鳥さんありがとう 20万円
福生市立福生第五小学校愛鳥委員会 東京都 自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動 20万円
大きな榎の木の下で実行委員会 愛媛県 ブッポウソウ繁殖のための巣箱の設置 20万円
NPO法人
唐津環境防災推進機構
KANNE
佐賀県 虹の松原の野鳥の観察会の定例化と虹の松原を大切にする心を育む活動 20万円
(一社)くりはらツーリズムネットワーク
伊豆沼・内沼に飛来するマガン等の渡り鳥の観察会
マガンの飛び立ち
マガンの飛び立ち

栗原市民が自らの職業や特技、趣味を生かし、農作業や調理実習、モノづくりなどの体験プログラムを実施する団体です。ラムサール条約の登録指定湿地「伊豆沼・内沼」に越冬のために飛来するマガン等の渡り鳥の観察を通じて、自然環境と人の暮らしや産業との関係性の価値をより多くの人々に伝えるため、観察の体験プログラムを実施します。

■活動地:宮城県
■助成額:20万円

名足小学校 愛鳥モデル校推進プロジェクトチーム
愛鳥モデル校推進プロジェクト~震災から復興している名足地区の自然と野鳥を見守り、自然を愛する心を育てる活動~
児童による探鳥会
児童による探鳥会

2016年度は、9月に全校児童による野鳥を知る会、11月に3年生が学校周辺で探鳥会を実施しました。2月には4年生による巣箱作りを計画しています。2017年度は、購入予定の双眼鏡を使って学校周辺だけではなく、近くの自然豊かな平成の森での探鳥会、さらにはえさ台作りを予定しています。

■活動地:宮城県
■助成額:20万円

志貴野中学校 自然科学部
高岡古城公園をフィールドとした、自然環境調査と身近な自然を多くの人に知ってもらうジュニア・ネイチャーガイド活動
ジュニア・ネイチャーガイド活動や独自研修会
ジュニア・ネイチャーガイド活動や独自研修会

自然科学部では、自然と触れ合うことで身近に起きている環境変化を知ってもらいたいと考え、ジュニア・ネイチャーガイド活動を始めました。この活動は、生徒が一般の方々と一緒に園内を散策しながら自然解説をするものです。2017年度は、ガイドが難しかった野鳥の解説を、双眼鏡やタブレット端末を活用することで充実させたいと考えています。

■活動地:富山県
■助成額:20万円

津幡高等学校 朱鷺サポート隊
トキ・コウノトリを通じた生物多様性の普及・啓発活動~トキと人とが共に暮らせる里山の再生をめざして~
石川県知事に「千羽トキ」を寄贈
石川県知事に「千羽トキ」を寄贈

トキの折り紙「千羽トキ」やトキの写真と押し花を飾り付ける「トキメキカード」作り、自作の紙芝居「はばたけトキ」の上演などを通して、生物多様性の普及・啓発活動に取り組んでいます。2017年の計画は、新潟県佐渡市、兵庫県豊岡市、福島県南相馬市での継続活動に加え、いしかわ動物園での「トキ解説」と「工作教室」を重点に活動を強化します。

■活動地:石川県
■助成額:20万円

本埜第二小学校 児童会 本埜白鳥を守る会
白鳥さんありがとう
児童会を中心とした愛鳥活動
児童会を中心とした愛鳥活動

本校は千葉県印西市の北東部に位置し、印旛沼・長門川に接する水田地帯にあり、白鳥が飛来するようになって結成された地域の「本埜白鳥を守る会」とともに、児童会を中心に愛鳥活動を行っています。全校児童で白鳥の餌の収集を行ったり、守る会の方から話を聞く「白鳥を迎える会」などを通して、白鳥や自然保護に関する学習を推進しています。

■活動地:千葉県
■助成額:20万円

福生第五小学校 愛鳥委員会
自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動
春の多摩川の土手で野鳥を見る1年生児童
春の多摩川の土手で野鳥を見る1年生児童

昭和47年に東京都より愛鳥モデル校の指定を受け、NPO法人 自然環境アカデミーの支援を受けながら年間を通して活動しています。2017年は年2回(春・冬)の野鳥観察会と川原の清掃活動、多摩川の環境理解を深めるための自然観察会(秋)を予定しています。また、学期に1度の愛鳥博士認定テストの実施や、高学年児童による巣箱作成、営巣状況の調査等を行います。

■活動地:東京都
■助成額:20万円

大きな榎の木の下で実行委員会
ブッポウソウ繁殖のための巣箱の設置
子供たちによる巣箱制作
子供たちによる巣箱制作

「大きな榎の木の下で実行委員会」は、町の天然記念物の大榎を守り、子どもたちにきれいな小田川を残していこうと25年前から活動しています。2017年度は、愛媛県レッドデータブックの絶滅危惧1類に指定されているブッポウソウが繁殖することを夢みて巣箱を設置します。

■活動地:愛媛県
■助成額:20万円

NPO法人 唐津環境防災推進機構 KANNE
虹の松原の野鳥の観察会の定例化と虹の松原を大切にする心を育む活動
虹の松原再生・保全活動集合写真
虹の松原再生・保全活動集合写真

虹の松原及び周辺には、クロマツを中心とした環境、広葉樹等が増えた環境、海浜、河川と様々な環境があり生態の違い等を学ぶことができます。観察会を通して、楽しさや感動を伝え、野鳥が生息できる自然環境を守ったり、かけがえのない野鳥の生命を大切にしていこうとする心を育むことと、虹の松原の保全に資することを目的として定期的な観察会を実施します。

■活動地:佐賀県
■助成額:20万円

「水辺の大型鳥類保護」部門(3件、2,000万円)
団体名 所在地 活動テーマ 助成額
コウノトリと共生する
地域づくり推進協議会
千葉県 コウノトリの定着をめざして 1,000万円
佐護ヤマネコ稲作研究会 長崎県 佐護地区大型鳥類生息環境保全事業~国内外の大型鳥類の生息・繁殖地を繋ぐバードピアアイランドを目指して~ 700万円
NPO法人 能登半島
おらっちゃの里山里海
石川県 トキの舞う能登の里山里海創出プロジェクト 300万円
コウノトリと共生する地域づくり推進協議会
コウノトリの定着をめざして
放鳥したコウノトリ(放鳥拠点:江川地区にて)
放鳥したコウノトリ(放鳥拠点:江川地区にて)
コウノトリボランティアによる親子学習会
コウノトリボランティアによる親子学習会

2015年の初放鳥以来、コウノトリの試験放鳥を毎年行い、野田市周辺を始め、関東の各地で飛来が確認されています。4月には野田市コウノトリボランティアの会が発足し、市民連携による見守り活動、ガイド活動、親子学習会等の取り組みが本格的にスタートしました。今後も、人と自然が共に生きる豊かな地域社会の実現を目指し、生物多様性のシンボル“コウノトリの野生復帰”を通じて、自然再生の取り組みを、関東から日本全体に広めていきます。

■所在地:千葉県野田市
■助成額:1,000万円

佐護ヤマネコ稲作研究会
佐護地区大型鳥類生息環境保全事業~国内外の大型鳥類の生息・繁殖地を繋ぐバードピアアイランドを目指して~
大型鳥類の生育環境改善のために冬期湛水や裏作を実施
大型鳥類の生育環境改善のために冬期湛水や裏作を実施
マナヅル
マナヅル

当団体では、大型鳥類(コウノトリ・トキ・ツル)及び、ツシマヤマネコの生息環境改善のために、2016年は前年に引き続き、冬期湛水と裏作、水田魚道の設置等を行いました。2017年はこれまでの活動をさらに充実させ、鳥類保全活動のためのESDプログラムや教育ツールを開発し、学校教育や社会教育と連携しながら、特に、各種環境整備活動(冬期湛水、レンゲの裏作等)の実施に併せて、子どもたちや対馬市民を巻き込んだESDの展開を図っていく予定です。

■所在地:長崎県対馬市
■助成額:700万円

NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海
トキの舞う能登の里山里海創出プロジェクト
整備したドジョウ繁殖地に設置した魚道
整備したドジョウ繁殖地に設置した魚道
整備したドジョウ繁殖地での生物調査
整備したドジョウ繁殖地での生物調査

当団体では、トキの生息環境整備に取り組んでいます。2016年は、トキのエサとなるドジョウなどが繁殖しやすいように環境整備した場所(ドジョウ繁殖地)と、水田の計2カ所に魚道を設置しました。2017年3月ごろには、トキが毎年飛来する田んぼへ江え(水田内や水田沿いにある土水路や深み)の設置が決まっており、他にも魚道と江えの設置場所を増やし、田んぼの畔や休耕地の草刈り管理を推進していく予定です。生き物のモニタリング調査の結果も伝えながら、これらの取り組みを広げていきたいと思います。

■所在地:石川県珠洲市
■助成額:300万円